« マネージャーというお仕事 | トップページ | ときどき反省 »

2009年6月 8日 (月)

稲村ヶ崎・ペーター

稲村ヶ崎・ペーター
鎌倉周辺に住まれる皆さんが集まってくださり、鎌倉後援会を立ち上げてくださいました。


立ち上げのお祝いが、以前もライブでお世話になった、稲村ヶ崎・ペーターさんで行われました。

約60人の懇親会と「鎌倉残照」をメインとしたライブ、そして皆さんもカラオケで盛り上がりました!


またここから、広がりができればと思います。

|

« マネージャーというお仕事 | トップページ | ときどき反省 »

コメント

哲也&太巻さん

嬉しいコメントありがとうございます!

そんな風に感じて下さっていた方がいらしたなんて、感激です。

「鎌倉残照」がもっともっとたくさんの方に歌われるように、これからも大切に歌っていきたいと思います。

ありがとうございます。

投稿: こうすけ | 2009年6月 9日 (火) 23時33分

あさみちゆきの会の仲間で演歌&歌謡曲大ファンの20代の好青年が先日31日の横須賀春の歌の祭典に行かれ自分のブログに載せていた一節をそのまま紹介します。
「まずはカラオケ大会......続いてプロ歌手のステージ。出演順に.............
不勉強なため初めて耳にする方ばかり。カバーやオリジナルなど一人につき2~3曲を歌われました。惜しむらくは時間がおしていたからでしょうけれど歌にMCに急ぎ過ぎだったこと。あまりじっくり歌を聴くことが出来ず残念でした。
その中でもまつざき幸介さんの♪鎌倉残照が良かったと思います。澄んだのびやかな甘い高音、叙情歌。例えるなら松原健之さんが青葉城恋歌を歌った感じでしょうか。
この部で一番の収穫でした。」
最近の松ちゃんの鎌倉残照の素晴らしさは私達たけでなくこの20代の青年の心を打つものがあり誰でも同じ事を感じるんだとついつい嬉しくて書き込みをしてしまいました。これからもますますガンバって下さい。

投稿: 不渡り哲也&栗原太巻 | 2009年6月 8日 (月) 09時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲村ヶ崎・ペーター:

« マネージャーというお仕事 | トップページ | ときどき反省 »