« 亀渕友香さん | トップページ | 一服中 »

2007年9月20日 (木)

睡眠の・・・芸術の秋ですね

まだまだ暑い日が続いていますが、それでも夜などだいぶ過ごしやすくなりました。このところ、内容の濃いイベントや、遠方での出演が多く、ブログも怠けてごめんなさい嶺

遅くなって横浜に戻ってきて、パソコンの前に座るのですが、起動する前に椅子で眠りこけてしまう・・・なんていう事が何度か続いていました丹

睡眠と言えば、夢の中で歌に感動して涙が・・・ということがありました。『なんて言い曲なんだろう、この曲は僕の新曲ですか!』などと、夢ですから勝手なシチュエーションになっていまして、感動の涙怜

「千の風になって」

「私のお墓の前で泣かないでください・・・」最初は変な歌詞、と思いましたが、歌詞全体の意味がわかると、この最初の言葉は潔さ、爽やかさといった感さえあります。とても深い曲で、沢山の方にいつまでも愛される素晴らしい歌ですね。

そういえば「SAKE」を編曲してくださった川端マモル先生は、この曲の伴奏にクラシックのパッヘルベルの旋律を意識してくださいました。パッヘルベルの「カノン」を知っている方なら、「SAKE」の伴奏を聞いて、なるほど、と思うくらいに雰囲気を醸し出しています。バイオリンも入っていますしね。

「カノン」をバックに「オヤジがアンタに溺れた気持ち 今ならわかるぜ せつないくらい」って唄えちゃうんですよ囹

「SAKE」を最初に聞いて、何かを感じてくださった方の中には、「カノン」の旋律が身体にしみこんでいて、懐かしさの様なものを感じてしまったのかもしれません。その辺、川端先生は計算済みだそうです。


ということで、世界に通用するコード進行だから、日本人以外の向けてもガンガン行きなさい!とレコーディング時に言ってくださいました。

大丈夫です。アメリカの方も購入してくださっています


「カノン」と「SAKE」是非一度聞き比べてみてください獵

今日もしっかり睡眠取りながら、がんばります。

皆様もこの時期、夏の疲れを癒し、しっかり睡眠取ってくださいね。

|

« 亀渕友香さん | トップページ | 一服中 »

日記」カテゴリの記事

コメント

カノンちゃん!かわいい名前ですね。僕もパッヘルベルのカノンが大好きで、だからなんとなくこのSAKEという曲に惹かれたのかなあと思います。カノンに詩を付けた戸川純さんの「蛹化の女」はご存じですか?僕はSAKEを歌う前の雰囲気作りにこの曲を口ずさんだりすることがあります。

投稿: 松崎英樹 | 2007年9月30日 (日) 10時42分

なんとなく「カノン」っぽい進行をするなとは思ってましたけれど、やはりそうだったのですね。
そういう私は娘に「カノン」という名前をつけてますよ~。

投稿: spiduction66 | 2007年9月25日 (火) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532619/43830470

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠の・・・芸術の秋ですね:

« 亀渕友香さん | トップページ | 一服中 »